ネットカジノの税金対策、お見せします!

ネットカジノの税金で大変な思いをしていらっしゃるのなら、それ専用のサイトがお役に立てると思います。オープン以来数えきれない方々にご活用いただいています。満足いただけるはずです。ネットカジノの税金対策手段を、とりあえずチェックしてください!

ネットカジノの税金について

2015-10-22_111239

ネットカジノって税金はかかるのでしょうか

競馬で大穴で買ったら税金が大量にかかった

というのも耳に新しい話題です

 

ネットカジノは他の国のホームページですが、
ヨーロッパなど発祥地でプレイしたパターンと等しく、
国内でネットカジノも税金徴収のターゲットになります。

 

収入のジャンルとしては、競馬、
競輪の配当とかわらない、
一時所得だと考えられます。

 

加えて、仕事じゃありませんので、
その年を対象にした勝ち金実入りをご自分で確定申告し、
税金をおさめることが求められます。

 

簡単に説明すると、4月にネットカジノをスタートしたとして、
その年の12月31日以内に120万円勝ち金が生じたケースでは、
その120万円がその年の確定申告のターゲットになります。

インターネットカジノでそんなに勝てるわけないだろ

と思ってらっしゃる方がいましたらインターネットカジノ情報サイトで

紹介されているジャックポット記事を見てみましょう。

 

きっとインターネットカジノで税金対策が

必要であると思うようになるはずです。

 

企業にお勤めしている方ならば、来年の1月~2月に職場から
源泉徴収票をもらうので、こちらの源泉徴収票とセットで
税務署にて確定申告を行ってください。

 

配当金により発生する税金額

 

算出法

一時収入=総収入-総支出-特別控除額

一時収入×1/2=所得税

 

余談ですが、50万円未満の場合はネットカジノで
勝っても税金がとられないので、確定申告することは不要です。

 

確定申告に必要不可欠なアイテム
源泉徴収表

決済調書費用の受取証書や領収書

 

決済調書におきましては、裏付け書類と決めてパソコン上の
常日頃のトータル明細をプリントアウトしていけば代用可能だと言えますが、
自書で書き込みをした覚え書きでもOKだと思います。

 

配当金の申請の今の状態

 

パチンコなどというような、50万円以上プラスになっている
ユーザーは多いですが確定申告している人はあまりないと思います。

 

この原因は、配当金自体をキャッシュで受け取っているから、しなくてもすんでいるようです
その一方で、ネットカジノの税金はそうも行きません。

小切手で現金化するにしても、
銀行で振込を受け取ると決心しても

入手した物証が残存するので、

納税義務に結び付く
パターンは納税した方が堅実でしょう。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー